プロゴルフのメンタルの強さ

上から叩きつけるようなゴルフスイングを改善するには、背筋を伸ばすために腹筋を鍛えることがいいです。

上から叩きつけるゴルフスイングの改善方法

ゴルフというスポーツは誰でもできますが、とても奥が深い競技になります。初心者によく見られるものでは、上から叩きつけるようなスイングをすることが多く、これを直すには、真っ直ぐ背筋を伸ばして立つことが大事になります。背筋を伸ばすことが出来ていない人では、ゴルフボールを一生懸命に見ようとするあまりに、体を前かがみにしてしまうこともありますし、何よりも猫背になっている人が多いということもあります。背筋を真っ直ぐに伸ばすことが上手くできない人では、まず腹筋を鍛えてそして胸を張るようにするといいです。腹筋を鍛えるにも普通の上体起こしをするよりも、仰向けに寝て足をあげるようなレッグレイズというトレーニングをすると効果があります。

そして胸を張るということは背筋を伸ばすことに繋がってくるので、お腹と胸を意識する事によって真っ直ぐにする事が出来るのです。これはゴルフに限らずスポーツでは大事なことなので、トレーニングをしておくとスイングの上達と共に日常生活でも、猫背にならないという効果があります。こういったゴルフスイングは正しいアドレスで練習する事で、姿勢の改善にもなりますのでいいことがたくさんあるのです。